季節を彩る木版画の世界へようこそ!


     profile 


1955 Bone in Yokohama

1978 Graduated from Tokyo University of Education

 

Solo Exhibiton:

2010  Maruzen Gallery (Nihonbashi,

Tokyo)

2015 Galerie Vivant (Ginza,Yokyo)

etc.

 

Group Exhibiton:

1994 Triennale Mondiale d'Estampes petit format (Chamalieres France)

2000 International Amadora Print Biennial (Amadora Portugal)

2008 Taiwan International Invitaional Mini-Prints and Mini-Drawings Exhition(ROC)

etc.

 

Publication:

2001「The flower woodblock」  (Japan Publications Inc.)

2006 「The Beautiful flower woodblock」

(Japan Publications Inc.)

2013「Let's make woodblock prints」                          (Abe Publidations Inc.)

 

Belonging:

Member of Japan Artists Association Inc.

Lived in Chiba,Japan

 

 

1955  横浜生まれ

1978  東京教育大学教育学部芸術学科絵画専攻卒

 

主な個展

2010  丸善ギャラリー(日本橋 東京)

2015  ギャルリーヴィヴァン(銀座 東京)

 

 

主なグループ展

1994 シャマリエール ミニ版画トリエンナーレ(フランス)

2000 アマドーラ国際版画ビエンナーレ招待出品(ポルトガル)

2008 国際ミニ版画・素描招待展(台湾)

etc.

 

著書:

2001 「花の木版画」(日貿出版社)

2006 「美しい花の木版画」(日貿出版社)

2013  「木版画を作ろう」(阿部出版)

 

現在: 

日本美術家連盟会員 千葉市在住

   

 

 

 

春を感じて

日差しの中の暖い色彩が春の訪れを告げる。

まぶしくて手をかざす。

 

忘れていた優しさが私を包む。

また、頑張ろうと思う。

 

この季節は毎年何かの始まりの予感に満ちている。

 

                    2017 2月

 

      Viola-1      6x18cm

        Freesia-2   10x40cm

         Peach-1 40x10㎝

Tulip-5  45x60cm (f.65x80cm)

 frame Image


                       Katakuri-1  (f. 32x20cm)


               Senryou-2 80x10cm (f.95x25cm)


 Select Collection                                      


制作活動は今年で20数年を数えます。

日本の四季の変化の美しさを季節ごとに咲き乱れる「花」に寄せて、水性木版で表現してきました。

「ぼかし」という技法を細かく多用する事により、作品に奥行と動きを出す事に成功しています。

また、水彩絵の具は微妙な色の表現を可能にし、特にパールホワイト、パールゴールドの二色は優しい発色をさらに強調しています。

さらに、手漉き和紙の風合いは花びらや枝葉の質感を自然に表現するのに適しています。

手に取ってご覧いただければ幸いです。

                          After the rain-3

           80x10㎝

        Rose-5  30x20cm

                         Clematis-3  42x17cm

Cosmos-8    45x60cm

  Gerbera-3  45x60cm

                         Viola-1  6x18cm


Monstera-2  20x60cm


Sakura Series


花は桜、という言葉がふっと浮かぶのはは日本に生まれ育ったからなのでしょう。

私は30代にアメリカに短期間住むチャンスがありました。その時、初めて外から日本を考える体験をしました。ちょうど木版画の制作を始めた頃でした。

イメージとして、目の前に浮かんだのが咲きほこる桜を見上げた風景と頬を吹き抜ける春の風でした。

それ以来、日本の伝統としての木版画の技術とその風景をコラボレーションすることが一番自然な私の制作の指針になりました。

毎年、新しい桜に出会い、表現してきました。よい出会いができるように、これからも桜を新鮮に感じていきたいと思っています。

                                                            Sakura-1    33x83cm    2005

  Spring wind-12  

  12x12㎝  2004            

        Sakura-5 60x20cm

        2008

           Sakura-3

           18x6㎝

           2008

          Sakura-4

          40x10㎝

          2008

 Sakura-2  17x42cm  2007

           Spring wind-7

                                 80x10㎝

           2000

     Sakura-8 20x30㎝ 2016


Sakura-7  14x70cm  2016

                                            Spring wind-6 25x80cm 1997

Hasu Serise


重なり連なる深緑色の大きな葉の揺れる合間に凛として姿を見せる蓮の花には誰もが目を奪われます。しかし、花から視線を外して葉に気持ちを集中します。真上から、横から、斜め下から、真下から・・・そうすると蓮の葉のリズムが聞こえます。私はこのリズムに心を奪われました。

蓮の花と葉のリズム。大古の昔から毎年決まって初夏を彩ってきた歴史にも思いをはせます。

         Hasu-2    40x40cm

              Hasu-5 30x20㎝

           Hasu-4  20x30㎝

                 Hasu-11 70x14㎝



                      Hasu-6  40x80cm